Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nadiarose/nobukokageyama.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

『雲隠れシンフォニエッタ』より1年。そして…

『雲隠れシンフォニエッタ』より1年。そして…

こんにちは。景山伸子(@nobukokakageyama)です。
昨年、出演させて頂いた舞台『雲隠れシンフォニエッタ』(源氏物語)

3月上演だったので、今月は1年前の舞台を思い出すことが多いです。

20代で心身の調子を崩した私は、ベッドから起き上がれず、1日見える景色が窓から目にする空のみという時期も長くありました。担当医師からは「いつ死ぬか分からない」と言われたり、社会に戻れるのも想像できない状態だったので、もちろん舞台にもう一度立つなんて、夢のまた夢。

そこから果てしない階段を登るように長い時間をかけて、いろんな人の支えで元気になれました。目の前に霧がかかったような世界からやっとクリアな世界に戻ってきたと思えた頃、手に取ったのが『雲隠れシンフォニエッタ』のオーディションのチラシ。タイミング的にもここしかないと確信した作品でした。

舞台は9年も休んでおり、奈良で子育て中。こんなに命を注いで舞台を創る人たちはそうそういないと感じる敬愛する劇団の代表作でもあったので、出演が決まってからよく思ったことは「1人で月に行くより怖い」(笑)

(その頃の関連ブログ:3月に舞台出演決定!

この時点では、まだ20名もいない人の前で話す時も緊張で声が震えたり、子育てしながら奈良と東京の稽古場を往復したこともなかったので、どれくらい努力すれば共に舞台に立てる自分になれるだろうと感じていました。

それでも手を取り、葵の上という大切な役柄を任せてくれた、れんこんきすたの中川さん、奥村さんには感謝しかなく、
共に高みを目指した姫君たちとの時間は、今も私の胸で情熱の炎をたやすくことなく、希望として、目標として在ります。

舞台初日に奥村さんが「伸ちゃん、舞台におかえり!」と言ってくれたのが今でも鮮明に心に残っています。

数えきれないほどの学びと刺激を与えてくれた共戦の姫君たち。

「桐組」「藤組」「恋組」と3組での上演だったので、同じ登場人物でも演じ手が違うとこれほどに役の魅力が変わるのかということを知れたのも大きな収穫でした。また劇作家としての奥村さんの才能はよく分かっていましたが、内部に入らないと分からない演出方法を体験できたことも出演して良かったことの一つです。

こちらは、当時使用した髪飾りです。源氏の君演じる中川さんが一人一人の姫へと手作りしてくださいました。それぞれの姫君がつけた花は、源氏の君から一人一人へ注がれた愛情のようにも感じました。
昨年の宣伝でもたくさん使った画像のこのお花です。とっても大きいんですよ。華やかで今も目にすると力を貰えます。
この髪飾りと着物が似合う葵の上になりたいと稽古を重ねました。
(撮影:中村ナツ子様

私にとって葵の上のイメージは、まさに桐組の小川麻里奈さんだったので、自分なりの葵像に悩んでいた時にナツ子さんが撮ってくださったこの写真で、自分なりの方角が見えた気がしました。

ライター・麻美雪さんの観劇ブログ:芸術集団れんこんきすたvol.31:『雲隠れシンフォニエッタ』でその辺りを書いてくださっていて、とても嬉しく感じました。

所属する劇団Nadianneのメンバーも観劇ブログを書いてくれました。
MOTOさんブログ→『雲隠れシンフォニエッタ』観劇
高城みっちゃんブログ→「雲隠れシンフォニエッタ」観劇♪

こちらは、『雲隠れシンフォニエッタ』で使用した扇子です。

演技、所作、ダンス、扇子の使い方。
当時、もっとこうしたかったという後悔は、この先10年経っても、私を鼓舞してくれると思います。

(その他の『雲隠れシンフォニエッタ』関連ブログ:)
演出・奥村さんより出演者の紹介!
『雲隠れシンフォニエッタ』ダンス動画一覧
『雲隠れシンフォニエッタ』源氏ファッション画像のまとめ

そして…!!
れんこんきすたの次回作は、こちらも人気の高いフランス革命シリーズ!出演者を見ただけで全作品観ようと思いました。

興味のある方は、ぜひHPをチェックしてみてくださいね✨
芸術集団れんこんきすたHP


🌹景山伸子よりお知らせ🌹
①劇団Nadianne第18回公演『朗読劇 星のサロン』
2020年6月上演。初演で演出で携わった作品に今回は出演します。詳細は、こちら

②劇団Nadianne(ナディアン)ボイスドラマ配信中!
ボイスドラマ6本を劇団HPにて無料配信中です。各作品の対談のリンクも掲載しています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)