景山伸子 WEBSITE

劇団Nadianne主宰/劇作家/演出家/女優


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nadiarose/nobukokageyama.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

3月に舞台出演決定!

3月に舞台出演決定!

こんにちは。景山伸子です。
今日は、3月に出演が決まった舞台についての話題です。

出演させていただくのは、いつも応援している芸術集団れんこんきすたの代表作である『雲隠れシンフォニエッタ』
オーディションのチラシを観た瞬間から何十回も「受けたい!」「いや、奈良に住んでるし、息子もいるし、無理でしょ!!」を自分の中で繰り返し、
9月の中川さんのダンス発表会にて

 

View this post on Instagram

 

ベリーダンススタジオStudio BANKA-万華-主宰の中川朝子さんと。ベリーダンサーとしては、Sabiya(サビア)という名前でショーなどで活躍されています。 万華の魅力は、1人1人の生徒の個性を生かしたSabiyaさんの振り付け、衣装、メイク。生徒さんたちの舞を通して、不思議とその背景に師であるSabiyaさんの舞や笑顔が重なる瞬間がありました。きっとそれくらい踊りの奥には、心の繋がりがあるのだろうなと。生徒さんがつけていたお花は、先生自らが手作りのようで、様々なところから愛情が垣間見えました。 そして、今回の構成含め演出、衣装にメイクもとても素敵でした!ベリーダンスの衣装とメイド服を合わせた遊び心も、ソロダンスでの布を使ったまるで物語を見ているかのようなドラマチックで優雅な舞も、ひたすら煽りまくるノリノリのダンスもどれもが魅力的。 昨年、PINKの”Perfect”での彼女のソロダンスを観た際に(ああ…、こんな素晴らしい表現をする人を世に出すためなら、私の命と時間を捧げても全然悔いないな…)と感じ、同時に彼女の振り付けで踊ってみたいと強く思いました。 お芝居もダンスも応援するからこそ、一定の距離を取り、望んでも関西に住んでいるので、ダンスも習える訳もないなと諦めていました。でも、表現をする身である自分の心が、どうにも惹かれてしまうのです。ダンスを目の前で見ながら、もう抗えないな…手を伸ばさない理由など無意味だと気付き、終演後、中川さんの顔を観た瞬間に「万華に入れて下さい。奈良から稽古に通います」と口にしていました。 子供が大きくなったら、東京に住むかもしれない。仕事で東京にも拠点を持てたら、レッスンに通えるかもしれない。でも、数年後、Sabiyaさんにダンスを教えてもらえる確証なんて何もない。未来はどうなっているかわからない。難しくても、今、一緒に表現をしたい。そう腹が決まるとなんだかすっきりしました。 一年後、ベリーダンスの発表会でご一緒できるように一つ一つ乗り越えていきたいです。 #Studio_BANKA #万華 #ベリーダンス #Sabiya #中川朝子 #れんこんきすた

景山伸子/Nadiaさん(@nobukokageyama)がシェアした投稿 –

ダンススタジオに入ることに加え、

『雲隠れシンフォニエッタ』のオーディションを受けることも決めました。

こうして腹を決めつつも、

現実の厳しさに日々葛藤し、それでも諦めず応募。

オーディションの日には、台風も来ましたが、

なんのその!飛行機がダメならオンラインでと面談を頼み、

skypeは慣れてないらしいのに、対応してくれた中川さん、奥村さん、ありがとうございます・・・!

夫と話し合うところから出演決定の歓喜!の瞬間までの長い一日は、こうしてエッセイにもなりました(笑)
(※何に挑んでいるかは、このとき書いていなのですが、不安と諦めらない気持ちの葛藤で、
一日で口内炎ができるほど心がアップダウンした日の様子を書いています^^;)

そうして、出演者発表の日が来ました。

このように豪華な顔ぶれ中で、一緒に出演させてもらうことになりました!

演出補には、尊敬する女優の木村美佐さんの名が・・・!

木村さんからは、こんなメッセージをいただきました。

そして、オフィシャルサポーターの俳優・石渡弘徳さんからは、こんなメッセージが・・・!

中川朝子さんからは、こんな素敵なツイートをいただきました。

各種SNSでも応援のコメントが(;△;)

いやー、2010年の最後の舞台から本当にここに至るまで
ドラマ何本書けるだろうと思うくらい波乱万丈な人生でしたが、
こうして今に繋がっているのだなと感慨深いです。

歳を重ねたり、子供を育てる中で得ていく一番のものは、柔らかさだと思うんです。
ときに流したり、自分を相手を許すこともそこに含まれるように感じます。
なので、肩肘張って「頑張るぞー!」というよりは、柔らかにしなやかに挑戦できたら素敵だなと思います。

れんこんきすたの中川さん、奥村さんはじめ、関係者の皆さまと一緒にいい舞台を創っていきたいです。
舞台の詳細や役名もよく聞かれるのですが、情報解禁になり次第、随時お知らせしていきたいと思います。
来年3月のお雛様頃の上演になりますので、ぜひスケジュールを空けておいてください☆

『雲隠れシンフォニエッタ』については、音声コンテンツでも紹介しています!

ちなみに男性による姫君(女形)の枠は、あと少しあるようです!
小劇場で、ここまで本気で女形で演じられる機会は、そうそうないと思います。
気になる方は、ぜひ応募を!ともに歴史を創りましょう☆

女性も10/4時点であと2枠ありとのこと!

そして、れんこんきすたさんは、10/24(水)~10/28(日)は初の芸術祭!イベント盛りだくさんです☆

詳細は、れんこんきすたの劇団ブログにて

もちろん私も行きますよー!
芸術の秋がたっぷりと堪能できるはずなので、興味のある人は、ぜひ詳細をチェックしてみてください☆

景山伸子よりお知らせ

①劇団Nadianne(ナディアン)ボイスドラマ配信中!
2017年に制作した作品を劇団HPで無料配信中です。詳細はこちら
②劇団Nadianne ボイスドラマ第2弾を制作中!
『大人にだって使える魔法』、『春ノ夢』(作・演出・主演)、『グラデーション』(作・演出・出演)を収録。
2018年内にインターネット配信予定。 収録の様子は、劇団ブログ個人ブログで書いています。

③noteにて月額制マガジン『言わないけど、思ったこと。』販売中!
月300円でSNSやブログには書かないエッセイや音声コンテンツをお届けしています。詳細はこちら
お試し版エッセイはこちらです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)