Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nadiarose/nobukokageyama.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

ボイスドラマの収録終了!

ボイスドラマの収録終了!

劇団Nadianne(ナディアン)のボイスドラマの第2弾!

『大人にだって使える魔法』
『春ノ夢』
『グラデーション』

劇団のブログでも稽古の様子をお伝えしていましたが、3本の収録が無事に終了しました!

他のメンバーのツイートも♪

私は、『春ノ夢』では作・演出、そして、自分の作品では初めての主演、
『グラデーション』では、作・演出と少しの出演をしています。
ボイスドラマ全体の動きの把握も担当しているので、
『大人にだって使える魔法』の稽古にもかなりの割合で入っていました。

脚本としては、『春ノ夢』は初めての時代物に挑戦。
自分の個性を今までより出し、音声媒体を意識して、脚本を書きました。
『グラデーション』は現代劇ですが、前回の『来年の誕生日』で感じた脚本としてのボイスドラマ独特の見せ方や遊び方を取り入れ、
より登場人物の内面やテーマについて向き合って書いた作品です。

特に『春ノ夢』は劇団としても今までなかったテイストで、繊細な世界観だったので
演出としても、演じる立場としても、薄い氷の上を慎重に歩くような作業で
自分の頭にあった世界を、自分で壊さないか、楽しくもとても怖い芝居作りでした。

怖すぎて、気持ちが負けないようにピアスの穴を開けちゃいましたよ…
それは、そのまま月額制エッセイのネタに⇒「運命をつくる瞬間」
エッセイでは、音声での演技の勉強を兼ねて聞いたみっちゃんのドラマCDの感想や⇒「この人たちの、輝く場所を創り続けたい」
『春ノ夢』を書き始めた日のことも書いていました⇒「新しい世界」

そんな風になかなか大変だった『春ノ夢』でしたが、
2008年で初めての長編脚本『ホーム』あたりから、脚本と演出の比重が増えたので
役者としてがっつり出演する機会もめっきり減っていた私にとって
久々に演じる楽しさと大変さを再確認した時間にもなりました。
根気強く稽古をしてくれた石原くんと、声優での見せ方を細かく教えてくれたみっちゃんには特に感謝です!
お客様からはどんな反応が来るのか怖くもありますが、もう録音したのでね、あとは、演出として自分の好みに創っていこうと思います。
新しいことに挑戦していくことに意味もあると思うので!

『グラデーション』は、夏美やMOTOさんなどに意見をもらい、脚本を何度も直し、どんどん変わった作品です。
そして、脚本のイメージにあった通り、それ以上に役者さんたちがきっちり演じてくれたので、有難い限り☆
あとは、細やかに整えて編集をしていこうと思います。
収録中も多分、私が一番楽しんでいたんじゃないかと思うくらいわくわくしました。
まだ物語になる前の感情の欠片から(このブログの頃ですね)こうして、役者さんの身体を通し、物語として立体化していくのが嬉しかったです。
演じてくれた役者さんたちに感謝しながら、2作品とも大切に完成させていきます。
MOTOさん作・演出の『大人にだって使える魔法』の仕上がりも本当に楽しみ♪

そして、こちらは、収録メンバーよりもらった誕生日プレゼントの数々。
プレゼントありがとう!そして、一緒にボイスドラマを創ってくれてありがとう!!

公開まではもうしばらくかかりますが、ぜひ楽しみに待っていてください☆

景山伸子よりお知らせ

①所属している劇団Nadianne(ナディアン)の2017年制作のボイスドラマが劇団HPで無料配信中です。詳細はこちら

②noteにて月額制マガジン『言わないけど、思ったこと。』でエッセイや音声コンテンツを販売中。
月300円でSNSやブログには書かない内容をお届けしています。詳細はこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)