今日、彼は世界のどこかで笑っているだろうか

今日、彼は世界のどこかで笑っているだろうか

マジック!の
「ルード★それでも僕は結婚する」
この曲は、フィリピン留学中に
よく耳にした1曲。

音楽は、記憶を連れてくる。
ふいに、私は、セブ島で目にした
ある人の横顔を思いだした。

彼は、現地で共に学んだひとり。
複数で買い物に行く際に
横に並んで歩いたことがあった。

英語で会話をする中で
「これから何をしたいの?」
と聞かれた。

私は、本当は
お芝居への想いがあったけれど、
当時はそれを忘れようとしていた。

「私は、子供を産みたい。
それから、英語で物語も書いてみたい」

子供を産みたいと
思っていたのは本当だった。
でも、演劇と言わずに、
遠巻きに”英語で物語”と
話すときに、
私は視線を少しそらした。
それは、自分の心から
少し目をそらすような行為でもあった。

彼は「そう」
とほほ笑んだような気がした。

「あなたは?
これから何をするの?」
と今度は私が聞くと
「西に行こうかな。」
と漠然と答え、
候補にある国名を口にした。

「そこの国の言葉は、話せるの?」
と私が口にすると、
「話せない。でも、なんとかなるよ。
なんとでもなる。」
と彼は答えた。

今までもインドなど
様々な地を旅していたようなので、
彼なら、確かに
なんとかなるだろうなと思った。

でも、私は、
彼のその人間としての
たくましさと共に、
私と同じく心から
目をそらすような雰囲気を感じ取った。

その奥には、
触れてはいけない
痛みがあるような気がした。

彼もまた
何かから逃げているのかもしれない。
何かを忘れようとしているのかもしれない。
違う何かを探そうとしているのかもしれない。

全て勝手な私の憶測だけど、
私は、彼の一瞬の横顔に
自分の心に押し込めた想いを
少しだけ、重ねた。

あれから数年が過ぎ、
私は子供を産んだ。
劇場での舞台には
まだ戻っていないけれど、
演劇という場所には
心が戻った。

今日、ふと思った。

彼は、今日、
世界のどこかで笑っているだろうか。

連絡先もわからないから
知りようもないけれど、
笑っていて欲しいなと思った。

景山伸子よりお知らせ

①劇団Nadianne(ナディアン)次回公演決定!
2019年10月25日(金)〜27日(日)東京のAPOCシアターで予定しています。
詳細や追加情報は「次回公演」にて随時更新。
劇団公式ツイッター劇団ブログでも情報発信していきます。


②劇団Nadianne(ナディアン)ボイスドラマ配信中!

2017年&2018年に制作したボイスドラマ6本を無料配信中です。詳細はこちら
各作品の対談のリンクも掲載しています。

③月いちリーディング『ホーム』You Tubeにて配信中!
文化庁&日本劇作家協会主催の劇作家育成のワークショップ「月いちリーディング」にて11年前に執筆、劇団Nadianneにて2008年に上演した『ホーム』の戯曲を選んでいただきました。

その日、初めて読み合わせる俳優によるリーディングとゲストである吉田小夏さん、前川知大さん、約50名の観客の皆さまと戯曲の課題、可能性を模索する3時間です。コーディーネーターは山田裕幸さん、ファシリテーターは、山田百次さんです。リーディング、ディスカッションの動画を併せて一つのワークショップとなります。

④質問箱を設置しました!
作品に関することなど何か質問があれば、こちらから匿名でメッセージが送れます。
ボイスドラマの感想もぜひお願いします。→「質問箱」

劇団Nadianne(ナディアン)主宰/劇作家/演出家/女優景山 伸子
劇作家/脚本家/演出家/女優
劇団Nadianne(ナディアン)主宰
奈良で4歳育児⇄東京で劇団活動
2021年は劇団作品、個人企画の作品を予定
《個人サイト》 nobukokageyama.com
《劇団サイト》 nadianne.com
Follow :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)